リラックスしながら美肌を保つ! 湯船に浸かる習慣が大切な理由

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

リラックスしながら美肌を保つ! 湯船に浸かる習慣が大切な理由

毎日のバスタイムをシャワーだけで済ませていませんか? 実は、お風呂の入り方を少し意識するだけで、簡単に美肌やボディラインを保つことができるんです。

「なんとなく美容によさそうだから…」と、無意識に過ごすにはもったいないほど、入浴にはさまざまなメリットがあります。美肌づくり&ボディケアの習慣として、入浴方法を意識してみましょう! 今回は、いつものバスタイムを有効活用する方法をご紹介します。

湯船に浸かる4つのメリット

湯船に浸かることで、全身の緊張感が解けるリラックス効果が得られます。ほか、体が温まることで血行が良くなるデトックス効果や、水圧でむくみが取れやすくなるといったメリットも。さらに、入浴中に上がった深部体温が、徐々に下がっていくことによって深く眠りやすくなるため、ゆったりした入浴は肌にとって良いことずくめなのです。

体の冷えやむくみは、お肌の大敵。美肌のためにも、毎日は無理でも週に数回、特に疲れが溜まっているときには、湯船に浸かるようにしましょう。

洗う順番を意識して、肌の汚れをきちんとオフ

お風呂に入る手順も重要なポイントです。まず、洗面所(脱衣所)でメイクを落としてからお風呂場へ。その後は、次のステップで入りましょう。

かけ湯→湯船

髪を洗う→湯船

体を洗う→湯船

洗顔→湯船もしくはここで上がる

髪を洗う際に、背中や顔にシャンプーやトリートメント剤が残ってしまうことがあります。これをきちんと洗い流すには、体を洗う工程と洗顔前に髪を洗っておくことがポイントです。普段の入浴順番を見直し、肌の汚れをしっかりとオフしましょう。

忙しい人ほど、なかなかゆったりお風呂に入ることは難しいのかもしれません。でも、日々がんばっているからこそ、肌のためにも一日の最後のバスタイムくらいはしっかり確保したいものですよね。

監修:再春館製薬所 ゼネラルマネージャー 長嶺里美

大学卒業後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」のお客様プリーザー(美容アドバイザー)に従事した後、後輩の育成指導にあたるトレーナーを経て、現在は同社経営企画室ゼネラルマネージャー。社団法人日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー。

ドモホルンリンクル公式