サイズで判断はNG! 30代からのブラ選びのポイントは?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

サイズで判断はNG! 30代からのブラ選びのポイントは?

バストやボディラインは年齢とともに変化するもの。衰えてくると、ブラジャーのサイズは今までと同じでも、カップの形が合わなくなることがあるのだとか。

そこで今回、ワコール広報担当の上沼孝子さんに、年齢とともにバストに起こる変化についてお伺いしました。美しいバストとボディラインを保つブラジャーの選び方も教えていただいたので、ぜひ参考にしてみてください!

バストの変化は3ステップで進む…

「加齢によるバストの変化には以下の3つのステップがあります」

STEP1:バスト上部のボリュームが落ちる
STEP2:バスト下部がたわんでくる
STEP3:バストが外に流れる

「弊社が研究調査した結果、一度次のステップへ進行してしまうと、もう以前の状態には戻らないということがわかっています」

どんなにケアしても以前のバストラインは取り戻せないなんて…。そもそも、バストの変化は何歳くらいから始まっているのでしょうか?

「個人差はありますが、一般的にバストは20代からエイジングが始まり、30代の約9割がステップ1~3のいずれかの段階に進行するというデータがあります。同じバストサイズでも年齢とともに形は変わってやわらかくなるので、20代のバストを考えて作られたブラジャーを40代の方が着けると、少し動いただけでカップが浮いたり、背中に食い込んだりして、美しいシルエットを保てません。サイズやデザインだけでなく、年齢とともに変化する自分の体型に合わせてブラジャーを選ぶことが、美しいバストやボディラインをキープする秘訣なのです」

正しいブラジャー選びで美しいボディラインは保てる!

ブラジャーが合っていないと、不快な上に背中のお肉が目立ったり胸が垂れたようなシルエットになったりするなど、老けた印象に見えてしまうことも。では、自分の体型に合うブラジャーを選ぶには、どのようなことに気をつけるといいのでしょうか?

「同じサイズ表記でもメーカーやデザインによって差があるので、必ず試着してみること。試着をする際は“フィッティング体操”がオススメです。試着の際に、体を左右にひねったり腕を上下に動かしたりしてから、次のポイントを参考に体とのズレがないかを確認してみてください」

ココだけは押さえて! 5つのチェックポイント

151111_urehada_bra_01

●カップ上辺:パカパカ浮いたり食い込んだりしていないか
●前中心:ブラジャーの中心と体に隙間ができていないか
●アンダーバスト:締め付けで苦しかったりずり上がってきたりしていないか
●ストラップ:ズレたり食い込んだりしていないか
●バージスライン:バストの底辺にワイヤーが食い込んでいないか

以上のポイントに違和感がなければ、ブラジャーが体に合っているという証拠。ブラジャーを選ぶ際の参考にして、年齢を重ねても衰えない、美しいボディラインをキープしましょう。

取材協力:株式会社ワコール 広報・宣伝部 上沼孝子さん

サイズや体型、変化する体に配慮した商品を豊富に展開している「ワコール」の広報担当者。ビューティアドバイザーのいる店舗では、ブラジャーの正しい着け方や要望に合ったブラ選びなど、ブラのコンサルティングを行っている。

公式サイト