化粧を落とさず寝ちゃった! 翌朝の対処法は?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

化粧を落とさず寝ちゃった! 翌朝の対処法は?

疲れて帰宅し、そのままベッドに直行。化粧を落とさずに寝てしまった経験はありませんか? そして目が覚めると肌が乾燥してボロボロなんてことも…。そこで今回は、メイクを落とさず寝てしまった翌朝のスキンケア方法を紹介します。

なぜメイクを落とさないといけないの?

ファンデーションなどのメイク用品には、酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線散乱剤といった粉末状の成分や油性の成分が入っています。たとえば、テカリを防ぐ機能がついたファンデーションは、このような粉の成分が皮脂を吸着する働きを利用しています。

メイクをしたまま寝てしまうと、これらが肌の水分や油脂を吸いこむので、結果的に肌がカラカラの乾燥状態に…。また、酸化した油分や粉末が肌の上に放置され、毛穴のつまりや黒ずみといった肌トラブルにつながっていくのです。

メイクをしている状態は毛穴にフタがされているということ。睡眠中は成長ホルモンが分泌されて新しい細胞が作られる、肌にとって大切な時間帯です。新陳代謝が活発になることで皮脂や汗が想像以上に出ますが、メイクをしたままだとそれらが外に出られず、毛穴の中で詰まってしまいます。そのため、化粧をしてからの時間を問わず、寝るときはしっかりとメイクを落とさなければならないのです。

メイクしたまま寝てしまったときの正しい対処法

もしもうっかり化粧を落とさずに寝てしまったら、翌朝起きてすぐにクレンジングをして、しっかりと保湿してください。フェイスマスクといったスペシャルケアを取り入れるのも◎。メイクをせずに肌を休ませるのも手ですが、外出する日であれば、紫外線のダメージのほうが肌にとっては悪影響。日焼け止めを塗ったりメイクをしたりして、きちんとUVカットしましょう。

そのほか、肌を乾燥から守るために加湿するのもオススメです。加湿器を使うのはもちろん、デスクに湯気の出る温かい飲みものが入ったマグカップを置いておくのも有効。とはいえ、これらは応急処置。どんなに疲れていても、寝る前はちゃんとメイクを落とすことが、美肌への近道です。

それでも、疲れてしまってどうしても通常のクレンジングや洗顔ができないときは、クレンジングシートを使うのもよいでしょう。メイクを落とさないまま寝るよりは肌への負担を軽減することができますよ。最近は保湿成分が入っている製品などもありますので、上手に活用して肌ダメージを防いでくださいね。

監修:再春館製薬所 研究開発 伊藤安矢

大学卒業後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映する。

ドモホルンリンクル公式

この記事に関するカテゴリ