あなたの「冷えタイプ」は内臓から? タイプ別オススメ食材

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

あなたの「冷えタイプ」は内臓から? タイプ別オススメ食材

風邪をひきやすい、寒くておなかが弱くなる、冷えて眠れない…。女性を取り巻く冬の不調を未然に防ぐためには、冷えない体を作ることが大切です。

「冷えは万病の元」といわれるように、私たちの体にさまざまな不調をもたらす冷え。今回は、冷えにくい体をつくるために、漢方の観点から、4つの冷えタイプをもとに、積極的に摂取するべき食材と薬膳レシピを紹介します。

自分の「冷えタイプ」を症状別にチェック!

冷えは症状によって、いくつかのタイプに分けることができます。まずは、自分の冷えの特徴を理解することから始めましょう。

●タイプ1:全身型…熱をつくれず、体全体が冷えるタイプ

□ 極度の寒がり
□ お風呂でしっかりと温まっても、すぐに冷えてしまう

このような方は全身が冷えています。筋力不足で熱を発生させる機能が弱いため、免疫力が低下したり、風邪をひいたりしやすいのが特徴です。

●タイプ2:内臓型…体の表面よりも、中心が冷えるタイプ

□ 冷えは気にならないがおなか周りがひんやりしている
□ 下痢をしやすい

上記の項目に当てはまる方は、体の表面よりも内臓が冷えているタイプ。体が冷えを感じると、真っ先に血液が集まるのは内臓ですが、体質や疲労によって機能が鈍り、体の中心で十分な熱を生み出せていません。

●タイプ3:下半身型…熱を循環できず、下半身に冷えがたまるタイプ

□ 足元の冷えがつらく、何をしても温まらない
□ 上半身は温かいのに腰から下が冷えている
□ 顔にほてりを感じる

このような症状は、熱の循環が滞って下半身が冷えている証拠。下半身の冷えは筋肉のこわばりが原因。放っておくと坐骨(ざこつ)や股関節、ひざなどに痛みが出やすくなります。一方で、上半身に熱が偏り、のぼせて頭がボーッとすることも。

●タイプ4:末端型…体の末端まで熱が届かず、手足の先が冷えるタイプ

□ 手足の先が冷えすぎてかじかむ
□ 末端が冷えて眠れない

こんなお悩みがある方は、体の末端まで熱が届かず手足の先が冷えているタイプ。めぐりが悪く、体の隅々まで熱を運べません。どんなに温めても熱が逃げてしまい、慢性的に不調や不眠に悩まされやすい傾向があります。

冷えを改善するには、「食養生(しょくようじょう)」 が効果的です。ぜひご自分の冷えタイプに合わせて、以下の食材を献立に取り入れてみましょう。

「全身型」と「内臓型」にオススメの食材:鶏肉、サバ、納豆

タンパク質を多く含む鶏肉には胃腸を温める作用があり、内蔵型の方に特に効果的です。また 、タンパク質とビタミンB6は、体内で熱をつくる筋肉を増やす働きを強化できますが、その両方を含むオススメの食材がサバと納豆です。

オススメのレシピはこちら

「下半身型」と「末端型」にオススメの食材:エビ、生姜、カボチャ

エビや生姜、カボチャには、温熱性かつ血液の循環を 促進するビタミンEが豊富に含まれています。体内の隅々まで熱をめぐらせて、下半身や末端の冷えを改善します。

オススメのレシピはこちら

監修:再春館製薬所 漢方事業部 間地大輔

大学で薬学研究科を専攻し、卒業後、再春館製薬所に入社。化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、研究に従事。永遠のテーマである漢方の自己回復力を科学する研究に責任者として取組み、自己回復タンパク(HSP)の化粧品への初めての応用に成功。2012年より漢方事業部。痛み治療の効果を最大化する施策を提案、実行中。薬剤師。

ドモホルンリンクル公式