寒さや乾燥、花粉対策も! 2月から始めるスキンケアのポイントは?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

寒さや乾燥、花粉対策も! 2月から始めるスキンケアのポイントは?

冬は厳しい寒さと乾燥にさらされ、カサつきやゴワつきといった肌トラブルが多くなる時季。そこで、このシーズンを美肌で過ごすために肌づくりのポイントをご紹介します。

冬の寒さと乾燥…肌にどんな影響があるの?

寒さで体が冷えると、血管が収縮して血流が悪くなります。すると、隅々まで栄養分が行き渡らず、肌細胞の体力が低下して潤いを保つ力も弱まり、肌の乾燥を招きます。加えて、外気の湿度の低さも乾燥を進ませる要因になります。

乾燥は美肌の大敵! カサついたり化粧ノリが悪くなったりするのはもちろん、キメの乱れやくすみ、ゴワつきなどのお悩みの引き金にも…。また、乾燥は肌が本来持っているバリア機能の低下を招くため、刺激に敏感になり、さらに多くの肌トラブルを引き起こす原因になってしまうのです。

水分補給だけじゃダメ! 保湿は“肌が吸いつくまで”

冬のスキンケアで重要なのは、やはり保湿ですよね。カラカラの植木鉢が表面で水をはじくのと同様に、乾燥した肌は水分が浸透しにくいので、数回に分けて少量ずつなじませていくと◎。水分を含んでキメが整った肌はふっくらと柔らかくなり、手のひらで押さえるとしっとりと吸いつくような感触があるので、それを目安にお手入れを。

化粧品が浸透しきっていない状態など、肌の表面にある水分を長時間放置すると、その水分が蒸発するときに肌の潤いを奪って余計に乾燥します。水気がなくなるまで、手早く丁寧に化粧水をなじませてくださいね。化粧水で肌にたっぷり水分を与えたら、その水分を逃がさないように乳液やクリームなど、油分が入っているアイテムを使ってしっかりフタをしましょう。

春に備えて今から始めるべきスキンケア

早いところでは1月末頃から花粉が飛び始めています。花粉が肌の表面に付着すると、花粉症の方でなくても炎症やかゆみなどのアレルギー反応を起こすことも…。帰宅したらなるべく早く洗顔をして素肌に戻すことをオススメします。

その際お湯の温度に気をつけてください。寒いとつい熱いお湯を使いたくなりますが、それは絶対にNG。肌に必要な油分・水分まで洗い流してしまい、乾燥の原因になります。体温よりやや低い32度くらいのぬるま湯がベストです。目安は、手で触ったときに“温かいと感じない”くらいの温度です。

もしも洗顔後に肌がつっぱるようなら、洗顔料を見直したほうがいいでしょう。洗顔後は保湿力とバリア機能の高い化粧品でお手入れを。セラミドが配合されたものや油分を含むものがオススメです。

冬の寒さと乾燥から肌を守り、今から春を迎える準備を始めましょう。

監修:再春館製薬所 研究開発 西村高子

2006年、再春館製薬所に入社。化粧品の効果評価試験、スキンケア研究に7年間従事した後、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発の担当へ。お客様と同年代であり、二児の娘の母である視点と価値観を重視し、生涯ずっと安心して使い続けられる、効果実感の高い商品開発を目指し日々研究を重ねている。

ドモホルンリンクル公式