【美容都市伝説】大人の吹き出物はできる場所で原因が違うって本当?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

【美容都市伝説】大人の吹き出物はできる場所で原因が違うって本当?

「アゴに吹き出物が出るのはストレスのせい」なんて説を聞いたことがある人も多いはず。でも、それって本当なんでしょうか? 今回は、ニキビができる場所とその原因についてお話しします。

10代のニキビと大人ニキビ(吹き出物)の違いは?

ニキビや吹き出物は、毛穴から過剰に分泌された皮脂が詰まってしまうことで、毛穴の周りが炎症を起こしている状態です。10代の頃にはTゾーンに多くできていたニキビは、年齢を重ねるにつれてできる場所がどんどん下がっていき、フェイスラインやアゴ、首などにできるようになります。

10代のうちにできる、いわゆる“思春期ニキビ”は、成長期特有のホルモンバランスの崩れから起こります。一方、大人になってからできる吹き出物は、ストレスや疲れ、ホルモンバランスの乱れが主な原因だといわれています。

思春期ニキビは第二次性徴の終了とともに皮脂分泌が少なくなることで自然に治ることもありますが、大人になってからの吹き出物の場合は、原因が解消されなければ治るどころかどんどん悪化してしまいます。

ヒゲが生えるところに吹き出物ができる!?

30代・40代の女性たちから、「疲れがたまるとUゾーンと呼ばれるアゴ周りや鼻の下に吹き出物ができる」という話をよく聞きます。これらのパーツは、男性であればヒゲが生える場所。疲れがたまってホルモンバランスが崩れると、体内にある男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が増えます。その結果、フェイスラインのようなヒゲが生える場所に吹き出物ができてしまうのです。

また、髪の生え際に現れる吹き出物の原因は、シャンプーや整髪料、メイクのすすぎ残しであることがほとんど。洗顔時には丁寧にすすぎ、吹き出物が出てしまった場合は、むやみに触ったり前髪が当たったりして刺激を与えないよう注意するなど、炎症を悪化させないようにしましょう。

脂性肌だけじゃない…乾燥も吹き出物につながる!

ニキビや吹き出物というと脂性肌のイメージが強いものですが、実は乾燥も一因になります。乾燥して角質が固くなると、毛穴が詰まって皮脂をうまく排出できなくなり、炎症を起こしてしまうのです。

乾燥による吹き出物をケアするには、水分を与えるのがポイントです。ベタつきを防ごうと洗顔後に保湿を一切しない方がいますが、乾燥は皮脂の分泌を促してしまうため逆効果。刺激の少ない化粧水で保湿してから吹き出物用の薬を塗るなど、患部を清潔に保ちましょう。

監修:再春館製薬所 研究開発 伊藤安矢

大学卒業後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映する。

ドモホルンリンクル公式