自宅で簡単! 30代からのお呼ばれヘアアレンジ ~ロング編~

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

自宅で簡単! 30代からのお呼ばれヘアアレンジ ~ロング編~

結婚式の二次会やパーティーに呼ばれて、美容院に行く時間がない! という方に、自分でできる簡単お呼ばれヘアを紹介します。若づくりにならず、品のある大人の雰囲気を演出できるテクニックを、ヘアサロン「boy Attic(ボーイアティック)」のスタイリスト・八重嶋美彩さんに教えてもらいました。

IMG_1068cd_R
【Before】
黒髪のロングでダウンスタイルだと、暗くて重い印象に見えがち。首周りをスッキリさせて、コンパクトなヘアデザインにすることで、上品なスタイルにしていきます!

“くるりんぱ”で、首元スッキリ! 上品ロングヘアアレンジ♪

IMG_1074cd_R

1:コームの先を使って、トップの髪をジグザグに取り分けていく。あまり細かく取りすぎず、額から頭頂部まで二往復ぐらいを目安にする。取り分けたら、ピンを使って後ろで仮留めしておく。

IMG_1075cd_R

2:こめかみ付近から後頭部まで、ステップ1と同様にコームの先を使い、左右の順に髪をジグザグに取り分けていく。その後、ステップ1で仮留めしたトップの髪と合わせて、ピンで留めておく。

IMG_1084cd_R

3:写真のように、コームの先を使って耳の上から垂直に髪を取り分け、サイドを三つ編みにする。毛先を10センチほど残してヘアゴムで結ぶ。これを左右とも行う。

IMG_1090cd_R

4:左右の耳後ろの髪を少しだけ残して、トップと後頭部の髪をまとめてゴムで結ぶ。襟足が浮かないように気をつけながら一束にしたら、毛先から10センチほど上もゴムでまとめる。

IMG_1095cd_R

5:サイドの三つ編みを後頭部に沿うようにぐるりと巻きつけ、毛先をピンで留める。反対側の三つ編みも同様に行う。

IMG_1097cd_R

6:ステップ4で結んだ2カ所のゴムの間に穴を開け、毛先を穴に通して“くるりんぱ”する。

IMG_1103cd_R

7:“くるりんぱ”して出た毛先の髪は、ピンで襟足に留める。

IMG_1106cd_R

8:残しておいた耳後ろの髪をねじり、ゴムを隠すように巻きつけてピンで留める。逆サイドの髪も同様に行う。

IMG_1114cd_R

【After】
以上で完成! 15分ほどで上品なアップヘアができました。トップに少しボリュームを出したい方は、全工程が終わったあとにトップの髪をランダムにつまんで引き出すと、自然なふんわり感が出せますよ。

IMG_1120cd_R

サイドの三つ編みがアクセントになっていますね! 上品アップヘアに遊び心をプラスすることで、おしゃれさを演出できます。

IMG_1124cd_R

後ろから見ても、こんなに華やか♪

「シーンに合わせて、パールなどヘアアクセサリーをつければ、さらに大人っぽさや上品さがアップしますよ。今回は、コテもカーラーも使わないアレンジをご紹介しましたが、前髪をコテで少し巻くと、より大人っぽいスタイルになります。気分に合わせてぜひ試してみてくださいね!」

取材協力:ヘアサロン「boy Attic」 スタイリスト 八重嶋美彩(やえしまみさい)さん

「boy Attic」スタイリストとしてサロンワークはもちろん、メイクアップや着付け、ヘアメイク撮影なども手掛ける。セミナーではデッサン講師を務めるなど、美容に多方面からアプローチしており、「boy Attic」では展示会も行う。

公式サイト