いつもの洗い方は間違い!? 頭皮を洗う「美容師シャンプー」のやり方

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

いつもの洗い方は間違い!? 頭皮を洗う「美容師シャンプー」のやり方

いつまでもきれいな髪でいるために、毎日のヘアケアを大切にしたいですよね。健やかな髪や頭皮を保つには、普段の丁寧なシャンプーが重要! 今回は、美容師直伝のシャンプーテクニックをご紹介します。

美容師直伝シャンプーは「もみ洗い」が基本!

教えてくださるのは、ヘアサロン「桜山美容室」のオーナー・神保了さん。美容室のシャンプー台を使って解説していきます。

IMG_2537

1:シャンプーをする前に、シャワーヘッドを頭皮に当て、髪の根元までしっかりと濡らしながら“予洗い”をする。2分ほど頭皮をもみながら流すだけで、頭皮の汚れが大まかに取れる。

お湯の温度は、寒い時期なら40度くらい、ほかの時期は37度~38度ぐらいがベター。熱すぎると頭皮の油分を取りすぎて、乾燥やかゆみの原因になるので注意。

IMG_2533

2:シャンプーを手に取る。ショートからセミロングの人は500円玉大の量を目安に、ロングの人は500円玉2枚分の量を目安にする。きちんと予洗いしてあれば最小限の量でも泡立つ。頭皮にそのままつけず、手のひらで軽く泡立ててから髪全体になじませる。

IMG_2551

泡立て_v2

3:シャンプーを髪全体につけて泡立てる。写真のように指を閉じて手のひらをくぼませ、髪と手のひらの間に空気を入れながら円を描くように動かすのがコツ。指を立てて頭皮をこすると、うまく泡が立たないので注意。

シャンプー1_v2

4:泡を立て終えたら後頭部から頭頂部に向かって、指の腹で頭皮全体をもんでいく。指を大きく広げて頭皮をつかむようにしながら、頭皮を押し上げていくイメージで洗う。目の疲れや頭痛をやわらげたい人は、耳後ろや耳上の頭皮をよくもみほぐすようにマッサージ。

シャンプー2_v2

 

5:頭頂部まで洗い終わったら、同様に額まで洗い進めていく。親指に力を入れ、頭皮が動いているのを確認しながら洗うこと。

シャンプー3_v2

6:フェイスラインは、指を閉じた状態で、頭皮を寄せ集めるように洗う。頭皮がしっかり動いていることを確認しながら、もみあげから上に向けて押し上げていく。リフトアップ効果もあり。

7:ステップ4~6を3回ほど繰り返したら、予洗いのときと同様に頭皮を軽くもみながら、泡がなくなるまですすぐ。

「毎日の生活の中で、頭皮が汚れるシーンはそんなにありません。予洗いだけでもかなりの汚れが取れるので、頭皮をマッサージするような感覚でシャンプーをしてみてくださいね」

最大のポイントは予洗いに時間をかけること。頭皮がしっかりと動くように、頭をつかむイメージで「もみ洗い」することが大切だそうです。

取材協力:ヘアサロン「桜山美容室」  オーナー  神保了(じんぼさとる)さん

逗子市桜山にある美容室のオーナー。髪をなるべく傷ませず、身体や環境によいものを選んで美容の仕事に取り組んでいる。1席、1鏡の完全プライベートサロン。


公式サイト