春の紫外線ケアは万全? もう作りたくない大人のためのシミ講座

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

春の紫外線ケアは万全? もう作りたくない大人のためのシミ講座

気がつかないうちに突然現れる肌のシミ。いったいなぜシミはできるのでしょうか? 暖かくなり始め、外出の機会も多くなるこれからのシーズンに備えるべく、シミの原因と大人のための美白ケアについてお話しします。

シミの原因「メラニン」 は悪者!?

シミは、肌が紫外線などの刺激を受けて作られた「メラニン」という色素が集まり、黒くなった状態のこと。「メラニンはシミのもと」という理解が定着しているので、メラニン=悪者と思われがちですが、実は紫外線から肌を守るために体に備わっている防御反応の一つです。

肌は紫外線などの刺激を受けると、「メラノサイト」という細胞からメラニン色素を作り出します。これによって、肌細胞の核が傷ついてしまわないように、自ら守る働きを持っているのです。

通常、メラニンは徐々に表面へと押し上げられ、肌のターンオーバーによって最後にアカとなって剥がれ落ちれば、シミになることはありません。しかし、メラニンが作られる量と、押し出されるスピードのバランスが崩れることで、シミができてしまうのです。

若い頃に比べて、年齢を重ねるとシミができやすいのはこのため。昨日浴びた紫外線がすぐにシミになるのではなく、何年も前に浴びてしまった紫外線ダメージが蓄積されていきます。そして、加齢で新陳代謝が衰えて、肌表面にメラニンが集まり、とどまってしまうとシミになるのです。

シミ予防には、紫外線を肌にため込まない生活習慣を

メラニンの供給と排出のバランスを保つためには、メラニンが必要以上に作られないようにするのが最も重要。そのためには、紫外線になるべく当たらないようにして、外出時は必ず日焼け止めなどでUVケアをしましょう。気温も高くて日差しの強さを実感しやすい夏場と違って、春先は紫外線対策を怠りがち。紫外線ダメージの蓄積を少しでも増やさないよう、季節を問わず毎日、紫外線ケアを習慣にできると安心です。

私たちの肌を守るメラニンが、肌にとどまることなく、ターンオーバーでスムーズに剥がれていけば、肌本来の明るさが保たれます。日々の洗顔やスキンケアはもちろん、質のいい睡眠やバランスの取れた食事を心がけ、肌の体力を衰えさせないようにすることも、シミ予防・美白には大切なことです。

紫外線以外の刺激でもメラニンは作られる

メラニンは、紫外線以外の刺激によっても作られます。たとえば、赤みが出るくらいナイロンタオルでこする、虫刺されをかきむしる、吹き出物をつぶすなど、肌になんらかの炎症が起こると、メラニンが大量に作られ、色素沈着を起こすことがあります。これらは炎症性色素沈着と呼ばれ、シミの一つ。日常の刺激にも気をつけたいですね。

シミとそばかすの違いは?

シミと違って、そばかすは遺伝的な要素が大きいといわれています。そのため、そばかすは薄くしたり目立たなくしたりするのが難しいです。もともとそばかすのある方は、色白や皮膚の薄い人が多く、メラニンの影響を受けやすいタイプ。より丁寧に紫外線対策や美白ケアを行うことをオススメします。

シミはある日突然現れたように見えますが、本当はジワジワと蓄積された結果、肌に出てきているもの。メラニンが一時的に大量に作られても、回復力のある肌はターンオーバーによる排出で、あるべき肌の色へきちんと戻っていけます。自分の肌環境を守りつつ、日々のお手入れを地道に続けることが、年齢を重ねていくなかでの美白の近道ですよ。

監修:再春館製薬所 研究開発 伊藤安矢

大学卒業後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映する。

ドモホルンリンクル公式