使い続けると若々しい印象へ!? 肌が自然とキレイになっていくスキンケアを体験!

著者プロフィール画像

医療系ビジネスライター 小松田久美

PR

使い続けると若々しい印象へ!? 肌が自然とキレイになっていくスキンケアを体験!

「このところ、肌の悩みをちゃんと解決してくれるスキンケア用品に出合えない」「今まではすぐなおっていた肌トラブルがなかなか良くならない」そんなお悩みはありませんか? 年齢とともに今までのスキンケアでは不十分になってしまうことも…。

そんな、ゆらぎやすい大人の女性たちの肌にこそ実力を発揮する基礎化粧品が2月に全面リニューアルしたばかりのドモホルンリンクルです。

“最後の砦”にするなんてもったいない!

「ドモホルンリンクルは、年齢肌をケアする“最後の砦(とりで)”」と思っていませんか? それは少しもったいない考えかもしれません。

そもそもドモホルンリンクルは、「人間がもともと持っている力を引き出して、健やかな肌を目指す」という漢方の発想に基づいて作られています。ずっと付き合っていく自分の肌だからこそ、一時的なトラブル対処ではなく、根本的なスキンケアができるなんて、理想的ですよね。

だからこそ、ドモホルンリンクルを始めるべきタイミングは「悩みが深くなってしまってから」ではなく、むしろ今! 肌悩みが少ないうちに使い始めることが、さらなる悩みを防ぎ、いつまでも若々しい肌を目指すことにつながります。

94%以上のリピート率! 使い続けるほどに肌体力アップを実感

高いリピート率の理由は、ドモホルンリンクルが「肌体力を目覚めさせる基礎化粧品」だから。筋トレのように地道に使い続けていくほど、うれしい効果が期待できるんですね。

その実力は購入者の94%以上が、1年以内にリピート注文しているほど(※1)。なかでも、愛用者の3人に1人が、30~40代のウレハダ世代からドモホルンリンクルを使い始めているのだとか。
※1 2014年度実績 1年以内のリピート率(3回以上の購入者)

漢方の視点を持つ、製薬会社だからこその研究姿勢

再春館製薬所は、もともと80年以上の歴史を持つ漢方の製薬会社です。現在では美容成分として一般的なコラーゲン(※2)。これを、日本で初めて化粧品に配合したのが「ドモホルンリンクル」だそうです!

1974年に、火傷の治療などにも用いられていたコラーゲンに着目し、「肌も70%がコラーゲンでできている。それならば、肌の悩みにも役立つのでは?」という発想が生まれました。そこからドモホルンリンクルは、「漢方発想」と「最先端の皮膚科学」を融合し、誕生以来エイジングとその原因に関する研究を続けています。
※2 コラーゲン:保湿

世界初の発見! 肌老化のメカニズムを解明!?

160325_urehada_03

エイジングのメカニズムを突き止めれば肌悩みの抑制ができるのでは? その着想のもと、再春館製薬所は熊本大学医学部との共同研究を開始。その結果、あるタンパク質が肌で増えすぎてしまうことで、シミやシワ、たるみの原因となることを世界で初めて発見しました。

その特性からこのタンパク質(Angptl2)を「加齢加速タンパク」と名付け、そのタンパク質を抑える力のある植物を探しました。研究員が調査した植物の種類は実に400種以上! その結果、突出した成果を出したのが「不知火菊(しらぬいぎく)」という花だったのです。

エイジングにブレーキ!? 幻の花「不知火菊」とは?

不知火菊_R

この不知火菊は、熊本県の不知火地方にだけひっそりと咲く、小さな菊の一種。地元でも数件の農家でしか栽培されておらず、ごく最近まで学名もつけられていませんでしたが、昔からこの地方では、「花びらを煎じて飲んだら体調が良くなる」と言い伝えがありました。

土の養分を吸いつくし、同じ土地で連作できないほど強い生命力が備わっているという不知火菊に着目したところ、抽出したエキスが「加齢加速タンパク」を約80%も抑制することが判明したのです!

使い続けるほどに乾燥小ジワを目立たなくする、実力派!

リニューアルしたドモホルンリンクルは、8点全てにおいて、第三者機関による評価試験で「乾燥による小ジワを目立たなくする(※3)」という効果が証明されました。クレンジングや洗顔料など洗い流すものやUVケア用品も含め、すべてのアイテムでこのような評価を得るのは、非常にめずらしい事例だそう。
※3 効能評価試験済み

初めての方には、肌体力を底上げしてくれる“基本4点”がオススメ。化粧水・美容液・クリーム・乳液のそれぞれのアイテムが最大限の力を発揮できるように、役割や使う順番までこだわり抜いているので、単品よりもライン使いのほうがその効果をより実感しやすいのです。

●ドモホルンリンクル“基本4点”とその働き

4点_515_R

  1. 保湿液…コラーゲン、ヒアルロン酸など良質な保湿成分が肌をもっちり、柔らかくします
  2. 美活肌エキス(薬用美白 ※4)【医薬部外品】…肌の透明感を引き出します。肌を巡らせ、シミを防ぐ新発想の美容液
  3. クリーム20…コラーゲン研究の最新成果を凝縮した1本。ハリ、弾力を追求したクリーム
  4. 保護乳液…肌に備わっている三層バリア機能を強化! 閉じ込めて護る最後の仕上げ

※4 美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。

進化した“基本4点”をさっそく試してみました!

404_R

進化した“基本4点”を試してみた感想は「こんなスキンケア、今まで出合ったことがない!」です。

初めて使って驚いたのは、それぞれが重すぎないこと。とろりとしつつもスッと肌になじむようなテクスチャーの軽さがポイント。そして、予想以上の浸透力! 乗せた途端に、肌がぐいぐい吸い込んでいくような感覚があります。お手入れを終えると、たった1回使っただけとは信じられないくらい、もっちりと潤った肌になりました。

“基本4点”のなかで筆者のイチオシは、「クリーム20」。今回のリニューアルに伴い、肌のハリをサポートする独自原料がすべて配合され、コラーゲン力を徹底的に追求し、最新技術をこの1本に凝縮してあるのだとか。このクリームを塗る前後で、肌のハリやツヤ感がまったく違うのを感じられるはずです。

使う前は「スキンケアに4アイテムも使わなければならないなんて、ちょっと手間だなぁ…」というのが正直な感想でした。でも、使うたびに肌がパワーアップしていく感覚がうれしくて、今では毎日のスキンケアタイムが楽しみになるほど。その場しのぎの潤いを与えるものではなく、肌の力を引き出してくれる化粧品なのだと実感しています。

「悩みが深くなってから」よりも、「今までと何かが違う?」と感じたときこそ、使い始めのチャンス! ドモホルンリンクルは、自分の肌体力を底上げしてくれる頼もしい基礎化粧品。そして、年齢肌に悩む女性の心強い味方になってくれるブランドです。新しくなったドモホルンリンクルを、ぜひ試してみてくださいね。

ドモホルンリンクルの全8点の無料お試しセットのお申込みはこちら!

ドモホルンリンクルのご購入はこちら

医療系ビジネスライター 小松田久美

建築会社、ベンチャー系IT企業勤務を経て、宣伝会議が主催している「編集ライター養成講座」を受講。卒業制作で優秀賞を受賞したことをきっかけに、雑誌などで執筆を開始。現在は、医療やビジネス系のジャンルを中心に幅広く執筆を手がける。2015年に『ボケないのはどっち?』(あさ出版)のブックライターも担当。「上阪徹ブックライター塾」第3期生。

この記事に関するカテゴリ