気温の上昇とともに紫外線量も増加中! 今とるべき紫外線対策とは?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

気温の上昇とともに紫外線量も増加中! 今とるべき紫外線対策とは?

初夏を感じるまぶしい光に、少しずつ気になる紫外線。まだ夏じゃないから…と油断しているときこそ、真夏以上に気を付けたい紫外線の影響と対策をお伝えします。

紫外線が肌にもたらす影響とは

地上に届く紫外線には、主に「UV-A」と「UV-B」という2種類の波長があります。UV-Aは肌の奥深く真皮まで届き、肌の土台となるコラーゲンを破壊してしまいます。その結果、ハリが失われ、シワやたるみの原因に…。一方、UV-Bは表皮の炎症や乾燥をもたらし、シミやくすみを作り出す元となるメラニンの生成を活性化させます。

さらに近年の研究で、紫外線はDNAを損傷させ、肌細胞全体にダメージを与えることも明らかになりました。また、紫外線は、活性酸素を必要以上に発生させることにより、肌にダメージを与えます。このように、紫外線は肌の老化をどんどん進めてしまう美肌の大敵なのです。

日差しが強くなくても「紫外線」 は強い!

季節を問わず一年中降り注ぐ紫外線。とはいえ、照りつけるような太陽はまだ感じないし、なんとなく油断している人もまだ多いのでは? しかし、ジリジリとした熱を感じなくても、紫外線は思っている以上に肌にダメージを与え続けています。曇りの日でも雨の日でも、風が涼しい日でも油断は禁物。これからの梅雨シーズンも注意してくださいね。

日焼け止めは数値よりも正しい使い方を意識して!

紫外線を防ぐために、絶対に欠かせないのが日焼け止めです。PAはUV-A、SPFはUV-Bを防止する指標ですが、汗や皮脂に対する耐性は製品によって異なるため、数値の高さだけで選ぶのは厳禁。大切なのは、日焼け止めを正しく使うことにあるのです。

大切なのはムラなくたっぷりと塗ること。少量では十分な効果が発揮されません。少しずつ丁寧に塗り広げていきましょう。また、見落としがちな生え際や小鼻の脇、アゴ下、耳下などのパーツも要注意。日常生活で浴びる紫外線は全体の40%が直射光、地面からはね返ってくる反射光や空気中で方向が変わる散乱光が60%と、さまざまな角度から届きます。見えにくいパーツから日焼け止めを置いていくと、塗り忘れを防げますよ。

そして、こまめな塗り直しも重要なポイント。とはいえ、むやみな重ね塗りは肌トラブルの元です。まずティッシュオフして、汗や余分な皮脂を取り除きましょう。さらにミスト化粧水などで水分補給をしてから塗り直せば、日焼け止めの効果がより長持ちします。メイクが崩れやすいところは日焼けしやすいところ。このひと手間が重要です。外出の際は日傘や帽子、サングラスなどの併用も心がけましょう。

毎日のお手入れで紫外線に負けない肌へ

日焼け止めを塗った日は、必ずクレンジングで丁寧に落としましょう。そのうえで、必要な水分や栄養を補うことで肌のバリア機能が高まります。キメが整えばムラなく日焼け止めが塗りやすくなって、紫外線対策の相乗効果が期待できます。毎日のトータルケアで肌へのダメージをしっかり防いでくださいね。

監修:再春館製薬所 研究開発 伊藤安矢

大学卒業後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映する。

ドモホルンリンクル公式