ポイントは“めぐり” 梅雨を味方にするスキンケアとは?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

ポイントは“めぐり” 梅雨を味方にするスキンケアとは?

6月は梅雨真っ盛り。ジメジメした気候が続き、むくみやだるさ、肌のテカリや化粧崩れに悩まされることも多いですよね。デメリットを感じる一方で、実はスキンケアにとても効果的なシーズンでもあるのです!

むくみが気になる季節は“水のめぐり”を意識しよう

湿度が急激に上がる6月は体内に水分が溜まりやすく、どうしてもむくみがちになります。ほかにも倦怠感や眠気、だるさを感じる人も…。この時期は体内の“水のめぐり”を高めることが大切。半身浴やリンパマッサージで、滞りがちな水分や老廃物を積極的に排出するよう心がけましょう。

要注意! 高い湿度が肌に与える影響

湿度も高く、気温も徐々に高くなり、蒸し暑い梅雨時期の気候は肌に関するさまざまな悩みを引き起こします。

めぐりが滞ると、くすみ・シミの原因に!

湿度が高い時期は、湿気で汗腺が覆われるため汗が出にくくなります。これによって、体内に水分が溜まりやすくなるのです。すると、必要以上に溜まった水分が体を冷やしてしまい、リンパの流れも悪化して老廃物も溜まってしまうことに…。

こうした水分や老廃物が、体のむくみだけでなく、どんよりとした肌のくすみにもつながります。また、ターンオーバーを遅らせる原因にも。新しい肌がなかなか生まれてこないと、生成されたメラニンがうまく押し出されずにシミができやすくなってしまいます。

冬の2倍! 皮脂と汗が肌のダメージに

むくみによるターンオーバーの遅れにくわえて、皮脂と汗が増える6月は、冬とはまた違った肌トラブルが起こりやすくなります。じっとりとした気候になると、顔のテカりやベタつきが気になり始めますよね。夏は、冬と比べて皮脂の分泌量が2倍になるといわれています。長時間メイクをしていると、皮脂がメイク用品の油分と混ざり、次第に酸化していきます。それが刺激となって肌荒れを起こす原因にも…。

また、この時期は気づかないうちに汗をかいていることも。汗に含まれる塩分は肌への刺激になるほか、汗をかくことで本来は弱酸性に保たれている肌表面がアルカリ性に傾きます。これにより細菌が繁殖して、肌へのダメージにつながってしまうのです。

皮脂と汗で起こる肌の変化

●肌トーンが暗くなる
Tゾーンは皮脂が増えやすい場所。肌に残った皮脂が酸化して黒く変色すると、顔がくすんだ暗い印象に。

●テカリ
部分的に皮脂が増えると、テカリやすくなるほか、ファンデーションが崩れやすくなってしまいます。

●シワの原因
ターンオーバーが遅れると、角質が厚くなり、肌を外部から守る力が弱まることで、乾燥します。それにより、小ジワ(ちりめんジワ)の原因にも。唇に古い角質が残ると、縦ジワの原因にも。

●肌荒れ
汗や皮脂が肌に残ると細菌が繁殖して、肌荒れの原因になります。

●黒ずみ
毛穴に皮脂や汚れが詰まると黒ずんで見えます。小鼻のまわりは特に詰まりやすい部分です。

高湿度な梅雨時期は、みずみずしい肌づくりのチャンス!

ターンオーバーの遅れや皮脂・汗による肌トラブル。肌にとってつらい時期のように思えますが、悪いことばかりではありません。湿度が高いこの季節は空気中に水分が多く含まれているため、肌が乾燥しにくいのです。

実は、この時期の湿度は肌にとって理想的といわれる60~65%。湿度が高いとスキンケア用品が浸透しにくいと思われがちですが、水分を十分に含んだやわらかい状態の肌は、化粧水などの成分が浸透しやすいんですよ。

また、マイナスイメージの多い皮脂も、本来は水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激に対するバリア機能を担っていたりする大切な成分。水分とのバランスが取れていれば、肌の強い味方になります。さらに、皮脂は年齢を重ねるごとに減少するもの。分泌量が増えるこの時期は、うるおったみずみずしい肌をつくるチャンスでもあるのです。

梅雨を味方につけたスキンケアを!

もともと肌には“ハリを生む力”や“うるおいを保つ力”は備わっていますが、“汚れを落とす力”は備わっていません。汗や皮脂により特に汚れが残りやすいこの時期は、不要なものをしっかりと落とすことが肌にとって重要なケアとなります。だからこそ、日々の洗顔が大切です。

乾燥が気にならないからといって、スキンケアをおろそかにするのはNG。うるおいをキープしやすい梅雨時こそ、これまでと同様の丁寧なお手入れを続けて、厳しい夏に備えなければなりません。湿度を上手に生かして、うるおいのある肌を手に入れましょう!

監修:再春館製薬所 研究開発 西村高子

2006年、再春館製薬所に入社。化粧品の効果評価試験、スキンケア研究に7年間従事した後、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発の担当へ。お客様と同年代であり、二児の娘の母である視点と価値観を重視し、生涯ずっと安心して使い続けられる、効果実感の高い商品開発を目指し日々研究を重ねている。

ドモホルンリンクル公式

この記事に関するカテゴリ