エイジングの悩みをカバーする簡単ヘアアレンジ ~ボリューム不足編~

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

エイジングの悩みをカバーする簡単ヘアアレンジ ~ボリューム不足編~

30代になると、次第に増えてくるエイジングによる髪のお悩み。今回のお悩みは、薄毛によって全体的なボリューム感が減ってきたケースです。簡単な手順でかわいらしくカバーできる2つのアレンジを、ヘアメイクアップアーティストの萩村千紗子さんに教えてもらいました。

Before

【Before】
自然な状態では、全体的にボリュームが足りない印象。アレンジを加えて華やかにエイジングカバーをしましょう。

「簡単MIX巻き」と視覚効果でボリュームアップを狙うサイドダウンアレンジ

usuge1-1

1:頭頂部の髪をカーラーで巻いておき、そのほかの髪はヘアアイロンを使って巻いていく。耳上の髪を適量取り、顔周りの毛束は後ろに流すイメージで外巻きにする。

usuge1-2

2:ステップ1で巻いた毛束の横の髪を適量取り、ステップ1とは逆の方向へ髪を巻きつけ、内巻きにする。さらにその次は外巻きという順で、毛束ごとに交互に巻き方を変えてMIX巻きを作る。

usuge1-3

3:髪全体を巻き終わったら、頭頂部のカーラーを外し、髪を左右いずれかにすべて流す。サイドに流した髪の毛束をほぐすように広げ、ボリュームアップさせれば完成。

usuge1after

【After】
髪全体のボリュームをアップさせるには、ヘアアイロンで巻き髪にするのが効果的です。あえて片側に髪をまとめることで、よりボリュームを強調できるので、簡単に若々しくイメージチェンジ。また、トップにもふんわり感を残すのがポイントです。

“簡単MIX巻き”を生かした、ゆる編み込みアレンジ

usuge2-1

1:髪全体をMIX巻きにしたら、頭頂部から分け目をジグザグに取る。分けた頭頂部の髪を適量すくったら、前髪も入れて編み込んでゴムで縛る。

usuge2-2

2:ステップ1で固定したゴムを押さえながら、編み込んだ髪全体を少しずつ引き出す。編み込みにゆるさを足すことで、全体的にふんわりとした仕上がりに。

usuge2-3

3:反対側の頭頂部の髪も同様にゆるく編み込んだら、編み込みを結んだ2本のゴムを隠すように、バレッタを使って後頭部で留める。

usuge2after

【After】
頭頂部を編み込むときは、分け目をくっきり分けずジグザグにすると、よりトップにゆるさが出ます。また、全体のボリューム感がアップするだけではなく、MIX巻きや毛束をラフに崩した編み込みで女性らしさもアップしますよ。

白髪」に続いて、「ボリューム不足」のお悩みも解消。ご自分の髪の状態に合わせてアレンジしてみてくださいね。次回は「薄毛」をテーマに、簡単なヘアアレンジをご紹介します。

取材協力:ヘアメイクアップアーティスト 萩村千紗子さん

大阪ベルェベル美容専門学校卒業後、ヘアサロンにて美容師のとしての基礎を学ぶ。その後、内田裕士氏のメイク教室「美塾」の講師養成クラスに入学。卒業後はメイク教室やメイクセミナーを開催しながら、雑誌などでヘアメイクアップアーティストとしても活躍。