いつまで大丈夫? 開封前後で変わる? 化粧品の使用期限

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

いつまで大丈夫? 開封前後で変わる? 化粧品の使用期限

捨てるのがもったいないからといって、いつ買ったのか忘れてしまうほど前に購入した化粧品を使っていませんか? 食べ物に賞味期限があるように、化粧品にも使用期限があるのです。

適切な保管環境なら、使用期限は3年間

化粧品は、適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品は使用期限を表示しなければいけないと定められています(医薬品医療機器等法)。つまり、使用期限が表示されていない化粧品の使用期限は約3年です。

ただし、3年の保証といっても「適切な保存条件のもとで」という注意があるように、保管状況が悪ければ3年未満であっても劣化している可能性もあります。直射日光が当たる場所や極端に高温の場所は、適切な環境ではありません。

また、冷蔵庫での保管は一見有効に感じるかもしれませんが、出し入れしたときの温度差が激しいため、冷蔵庫保管を推奨しているもの以外は避けたほうがよいでしょう。パッケージや容器に書いてある使用上の注意をよく読み、正しい環境で保管してくださいね。

開封後の目安は半年。なるべく早く使い切る

適切な条件で保存していても、品質が保たれるのは未開封の状態でのこと。化粧品は一度開封すると空気が入り込んで酸化が進むため、食べ物や調味料の賞味期限と同様に、品質が維持される期間は短くなります。

季節による温度差があり、製品によっても異なるため一概には言えませんが、半年以内を目安に使い切るようにしましょう。一般的に、メーカーが推奨する使用量を守って毎日使い続ければ、期間内に使い切れる量にあらかじめ計算されています。もし複数の化粧品を使い分けている場合は、どうしても使用期間が長引きがちなので注意が必要です。

異臭に注意! 違和感が出てきたら使わない

化粧品に含まれる油分が酸化したり雑菌が入って腐ったりすると、異臭がすることがあります。菌の繁殖や成分が変質した化粧品は、変なニオイがするだけでなく肌の負担や刺激にもなるので、違和感があるときは絶対に使ってはいけません。

また、使用感に変化がない場合も、古くなった化粧品は有効成分が分解されるなど、効果も薄れています。せっかく一生懸命スキンケアしても十分な力を発揮できないので、思い切って処分しましょう。

詰め替え、フタを開けたまま…こんな使い方は要注意!

見た目をすっきりさせるために、化粧品を詰め替えて使う方は少なくありません。しかし、移し替えた時点でメーカーの品質保証外になってしまうので、気をつけてください。忘れがちなのが、旅行用などの小分けボトル。「次回の旅行まで取っておこう」なんて考えると、気づけば劣化が進んでしまいます。すぐに使う予定がないときは、普段のスキンケアで使い切ってしまいましょう。

また、化粧品のフタを開けたままにしておくと、空気に触れて酸化が進んだり、ゴミが入って雑菌が繁殖したりする可能性があります。特にジャータイプのクリームは空気に触れる面積が多いのでご注意を。

使い始めた日を容器に直接書いておくと安心

開封した日を忘れないようにするためには、容器に直接記入するのがベストです。製造年月日が外箱にしか書いていない化粧品も多いので、外箱を取っておくか、容器に書き写しておきましょう。

もったいなくて、ついつい期限を気にせず使いがちな化粧品。直接肌に触れるものなので、正しく使用して不要なトラブルを避けたいものですね。

監修:再春館製薬所 研究開発 西村高子

2006年、再春館製薬所に入社。化粧品の効果評価試験、スキンケア研究に7年間従事した後、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発の担当へ。お客様と同年代であり、二児の娘の母である視点と価値観を重視し、生涯ずっと安心して使い続けられる、効果実感の高い商品開発を目指し日々研究を重ねている。

ドモホルンリンクル公式