急な肌のベタつきは乾燥が原因!? インナードライってどんな肌?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

急な肌のベタつきは乾燥が原因!? インナードライってどんな肌?

なんだか急に肌がベタついてきた…それはインナードライのサインかもしれません。ケアを間違えると、悪化してしまうことも!

インナードライのメカニズム

インナードライとは、肌表面はテカったり脂っぽかったりするのに、実は内部が乾燥している肌のこと。もともと乾燥肌なのに脂っぽさが気になってきたときは、実は乾燥が原因かもしれません。インナードライは冬よりも夏のほうが陥りやすいので、この時期に肌のベタつきを感じるようなら、インナードライを疑ってみましょう。

では、インナードライの肌はなぜ起きるのでしょうか? 原因は、ずばり水分不足です。

そもそも肌の一番上にある表皮は、水分を豊富に含んだセラミド成分やヒアルロン酸がミルフィーユ状に重なった角層と、その表面にある油分でできた皮脂膜からつくられています。この2層が外部の刺激から肌を守るバリアの役割をしています。

紫外線ダメージや間違ったスキンケア、ストレス、冷房などの影響で、角層がきちんと水分を保てなくなって水分不足に陥ると、バリア機能が弱くなってしまうので、肌は乾燥を防ごうと過剰に皮脂を分泌し始めます。

ここでベタつきを気にして油分を取り除くことに躍起になったり、油分を補う乳液やクリームを使わず化粧水だけでスキンケアを続けたりすると、水分不足の肌からさらにうるおいが外へと逃げていき、代わりに皮脂がどんどん分泌される…という悪循環に陥るのです。

ベタつきが気になっても、油分でフタはマスト!

スキンケアにおけるインナードライ対策では、まず十分な保水が最も重要です。すでにご説明した通り、過剰な皮脂は水分不足を補おうとして分泌されるので、徹底的に化粧水などで保水しましょう。

ベタつきを感じて油分のある乳液などを控えてしまう方も少なくありませが、これは大きな間違い。化粧水だけではせっかく取り込んだ水分が蒸発してしまい、内部に留めておくことができません。むしろ、さらに乾燥を促して、インナードライを悪化させてしまうことも…。

ベタついたりテカったりすると、どうしても油分を取ることばかりに目が行きがちですが、大切なのは水分をしっかりと与え、逃がさないスキンケアです。ヒアルロン酸の入った化粧水を使った後に、セラミドや油分を含んだ乳液などで必ずフタをしましょう。

また、肌の状態が改善されたからといって、このようなケアを応急処置と考えて化粧水だけのスキンケアに戻してしまうと、インナードライ再発の可能性が高まります。肌の内側の水分を逃がさないように、化粧水後の乳液はマスト。どうしてもベタつきが気になるときは、肌の調子を見ながら量を調整してみてくださいね。

インナードライにはビタミンBとビタミンAが有効

インナードライを改善するには、角層と皮脂膜のバリア機能を元に戻さなければなりません。そのために食生活でも意識したいのは、過剰な皮脂の原因となる動物性脂質や糖類の摂りすぎを控えること。ただし一切取らないというのもNG。ジャンクフードなどの偏った食生活になっていたら、すぐに栄養バランスの取れた食事へ切り替えましょう。

また積極的に摂りたいのは、皮脂の代謝を促してくれるビタミンB群と、肌のターンオーバーを促進するビタミンAです。これらを豊富に含む食材は下記のとおり。ビタミンB群やビタミンAです。ビタミンBは皮脂の代謝を促します。

ビタミンB群が豊富な食材

ビタミンB1:豚肉(ヒレ、もも、ロース)、うなぎのかば焼き、魚、豆類など
ビタミンB2:レバー、うなぎのかば焼き、魚、乳製品、緑黄色野菜、きのこなど
ビタミンB6:レバー、鶏のささ身、魚(かつお、まぐろ、鮭、さんま、さばなど)バナナ、大豆など

ビタミンAが豊富な食材

たまご、レバー、うなぎのかば焼き、緑黄色野菜(モロヘイヤ、にんじん、かぼちゃ)など

これらの栄養素を食事だけで摂り入れるのは難しいという方は、サプリメントで補うのもいいでしょう。日々のお手入れとともに体内からのケアも心がけて、外側と内側からインナードライを解決していきましょう。

監修:再春館製薬所 研究開発 伊藤安矢

大学卒業後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映する。

ドモホルンリンクル公式