血行不良やむくみの原因にも! セルライトを消して美脚を目指そう

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

血行不良やむくみの原因にも! セルライトを消して美脚を目指そう

気づくと太ももにできるセルライト。見た目の悪さだけでなく、放っておくと体への悪影響を及ぼすとか…。そこで、セルライトの予防策やセルフ解消法を脚やせ専門エステ「リフィート」を運営する、ビューティーコンシャスの代表取締役・金井志江さんに教えてもらいました。

セルライトは血行不良やむくみの原因にも…

今や「美容の大敵」の代名詞と言っても過言ではないセルライト。その名前はよく耳にしますが、そもそもどんな特徴があるのでしょうか?

「セルライトは、脂肪細胞がさらに進行した状態を指す言葉として、美容業界で使われています。食べすぎや飲みすぎ、運動不足によって、余分なエネルギーが脂肪細胞に蓄積されます。すると、エネルギー貯蔵庫である脂肪細胞が肥大化し、抱えきれなくなった水分が血液やリンパ管を圧迫します。血液やリンパの流れが悪くなり、さらに老廃物も脂肪細胞に蓄積された状態。これがセルライトです」

老廃物が蓄積されている脂肪とは厄介な存在ですね…。しかも恐ろしいことに、セルライトは放っておくと見えないところでどんどん進行していくのだとか!

「初期段階では、ぎゅっと皮膚を絞るようにつまむと、ブチブチとした塊が浮き出ます。さらに進行すると、特に何もしない状態でも皮膚の表面がボコボコとして、一見してわかるように…。見た目の美しさを損なうだけでなく、血行不良やむくみ、冷えの原因にもなります」

セルライトを消して憧れの美脚を手に入れよう!

Woman folding skin on her hips

女性の体に悪影響を及ぼすセルライト。その解消に有効なケア方法はあるのでしょうか?

「“もみ出し”マッサージで脂肪をつぶしましょう。まず上の画像のように、マッサージ箇所の筋肉と脂肪を、両手の親指以外の8本指で下から持ち上げたら、親指でぐっと挟むように固定します。そして、親指の付け根まで使い、まっすぐ下に向かってスライドさせながらセルライトを押しつぶします」

もしも脂肪が固まってしまい、両手でつかむことができない場合は、もみ出しの前にもう一つのマッサージを取り入れるといいそうです。

「あまりにセルライトがついた状態だと、肌が固くなりマッサージが難しいかもしれません。そんなときは、“グーマッサージ”がオススメです。まず、親指を外に出した状態でグーにします。握った4本の指の第2関節を両脚の甲に置き、力を入れたままひざに向けてゆっくり引き上げてください。太ももも同様にマッサージを行い、セルライトをやわらかくしましょう」

脂肪をつまめる状態になったら“もみ出し”マッサージに移行しましょう。ちなみにこれらのマッサージは、入浴後の血行が良くなっているときに、片足に約10分ずつかけて行うのがオススメだそうです。

美脚は一日にしてならず! こまめなサイズチェックを

金井さんによれば、自分の脚が細くなったときのイメージを持ち、具体的な目標を定めることが美脚への第一歩なのだとか。

「体重は、朝と入浴前後の1日3回、太ももとひざ、ふくらはぎ、足首のサイズは10日おきに計測して、小さな変化を見逃さないようにしましょう。何か一つの方法で脚が細くなることはありません。マッサージだけではなく、自分の体に無理のない範囲で、生活習慣を見直していきましょう。体は手間をかけた分だけ応えてくれるはずですよ」

生活に取り入れやすい食事や入浴の改善ポイントは以下の通り。美しい脚をはじめ、シェイプアップを目指す方はぜひ参考にしてくださいね。

食事

「これさえ食べていればOKというものは、残念ながらありません。食事はタイミングと量やカロリーのバランスがポイント。夜はたくさんのカロリーを必要としないので、朝・昼・夜の食事の割合は5:3:2が理想的です。3食とも食べすぎずに腹八分目を意識しましょう」

入浴

「これからの季節は、シャワーで済ませる方も少なくありません。しかし、入浴には体内の老廃物を排出しやすくする効果があります。平日は忙しくてゆっくり入浴できないという方は、週末だけでも湯船に浸かってみてはいかがでしょうか?」

最初のうちは面倒臭く感じるかもしれませんが、毎日続けて習慣化するのが美脚への第一歩。暑い夏でも自信を持って薄着を楽しめるように、できることから始めてみましょう!

取材協力:株式会社ビューティーコンシャス 代表取締役 金井志江さん

脚やせ専門エステ「リフィート」を全国に16店舗展開。「正しい知識と技術があればどんな脚でも細くなる」と信念にこれまで1万人以上の脚を見てきた実績をもつ。著書に『細くならない脚はない』(宝島社)がある。