【漢方の知恵】免疫力アップで不調知らずに! 秋の養生講座

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

【漢方の知恵】免疫力アップで不調知らずに! 秋の養生講座

爽やかな風が心地よく、芸術や食、スポーツなど、何をするにも過ごしやすい秋。その反面、空気の乾燥や気温の低下が進み、その落差に体がついていけないと、体や肌の不調に悩まされることが多くなることも…。

漢方では、自然の気候の変化を、風・湿・暑・燥・寒・火の6つに分け、六気(ろっき)と呼んでいます。六気は自然現象なので、体に害はありません。しかし、六気が強くなると、その変化が体に影響を及ぼし、不調の原因となります。それが風邪(ふうじゃ)・湿邪(しつじゃ)・暑邪(しょじゃ)・燥邪(そうじゃ)・寒邪(かんじゃ)・火邪(かじゃ)です。漢方では六邪(ろくじゃ)と呼び、体の外側からくる不調の原因としています。

秋は空気の乾燥による「燥邪」に注意!

秋に起こるさまざまな不調。これらは体を乾燥させて「水(すい)」を奪い、免疫力を低下させる秋特有の「燥邪」が影響していると考えられます。燥邪によって体の潤いが不足すると、健康を維持する基本「気」「血」「水」のバランスが崩れ、体は風邪や感染症に、肌はカサつきやかゆみなどの不調を引き起こすことに。このような不調を乗り切るには、乾燥対策で体の免疫力を高めて冬に備えることが大切です。

そこで今回は漢方の視点から、不調を引き起こす「燥邪(そうじゃ)」の特徴や、季節の変わり目を健康に乗り切るための「養生」についてご紹介します。

「燥邪」の性質を知って万全の対策を!

燥邪がもたらす乾燥の感じ方には個人差があり、「喉から感じるタイプ」と「肌から感じるタイプ」の人がいます。それぞれの特徴を理解し、自分にとって最適な養生を実践しましょう。

タイプ1:喉から乾燥を感じる

イガイガ、ガラガラといった喉のトラブルは、粘膜の乾燥が進んで免疫力が低下しているサイン。放っておくと痛みや腫れ、細菌感染につながる可能性も!

食養生:ビタミンAを積極的に摂取!

喉の不調を感じたときは、粘膜を強化するビタミンAを摂取しましょう。ビタミンAは油脂と一緒に摂取すると吸収力が高まるため、食材を油で炒めたり、油分を含むドレッシングで食べたりするのが効果的です。

ビタミンAが豊富な食材
  •  ニンジン
    皮膚や粘膜をうるおす働きや、肌をきれいにする働きがある。
  •  ほうれん草
    渇きを解消し、腸をうるおす。
  • レバー
    栄養価が高く、粘膜を回復する作用と新陳代謝を促す作用がある。
  • チンゲン菜
    ビタミンやミネラルも豊富。抗酸化や老化防止に役立つ成分も含んでいる。

体養生:ペットボトル温灸で免疫力アップ!

161026_urehada_tsubo_01

40度~50度のお湯を入れたペットボトルで、首の後ろにあるツボ「風門(ふうもん)」をじっくり温めると免疫力がアップします。冷えを感じやすい手足やおなかも一緒に温めれば、より効果的ですよ。

浴養生:ツボ押し足湯でマッサージを!

161026_urehada_tsubo_02

日中でも手軽にできる「ツボ押し足湯」も乾燥対策と免疫力アップにつながります。洗面器などにお湯を入れてくるぶしまで足を浸けたら、ゴルフボールを使って足裏中央の凹んでいる部分のツボ「湧泉(ゆうせん)」をマッサージ。15~20分を目安に行いましょう。

タイプ2:肌から乾燥を感じる

肌のガサガサやハリの低下、目元や口元の小ジワなど、これらは体の「水」の不足から全身の“めぐり”が悪化し、肌の代謝が低下している証拠! 肌の不調を改善するには、体の内側と外側からうるおい対策を実践し、代謝を高めるのが大切です。

食養生:タンパク質&ビタミンB6でうるうるの美肌に!

肌にうるおいを取り戻すには、タンパク質やビタミンB6を含む食材を摂取するのがオススメです。肉類や魚介類は、タンパク質とともに、タンパク質の生まれ変わりを助けるビタミンB6も含まれているのでオススメです。煮る、焼く、炒めるなど、さまざまな調理方法が選べる食材なので、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

タンパク質、ビタミンB6が豊富な食材
  • 鶏肉
    ビタミンAやコラーゲンも多く含んだ食材。老化予防にも◎。
  • 大豆
    体内の乾燥をうるおす作用と、余分な水分を排出する作用がある。
  • 牛乳
    乾燥の諸症状に適した食材。特に肌にうるおいを与える。
  • にんにく
    ビタミンB6を多く含んだ食材。タンパク質の働きを助ける。

体養生:めぐりを助けるマッサージをプラス!

スキンケアや保湿クリームを塗るついでに、めぐりを促進するマッサージを追加すると◎。保湿効果と免疫力が一段と高まります。

161026_urehada_tsubo_03

脚のマッサージ
脚の外側は、クリームを塗布しながら太ももの付け根から足先に向けて、手のひらでさするようにマッサージ。内側は、足先から太ももの付け根に向けてさするのがポイント。

手のマッサージ
手の内側は、脇の下から指先に向けて手のひらでクリームを塗布しながらさすりましょう。外側は指先から肩に向けてさするように塗るのがコツです。

161026_urehada_tsubo_04

デコルテのマッサージ
老廃物を排出するリンパマッサージも重要です。鎖骨の上のくぼみや、耳の下を指でやさしくプッシュ。リンパの流れを良くすることで、顔のむくみがスッキリと取れますよ。

おなかのマッサージ
「の」の字を描くようにおなかをゆっくりさすります。腸を適度に刺激するので、お通じがスムーズになり、肌も輝きを取り戻します。

浴養生:全身浴で末端までポカポカに!

血行を促す全身浴を活用しましょう。湯船に浸かって体をゆっくり温めると、肌の新陳代謝が促進され、うるおいのあるやわらかな肌に。より効果を高めたいなら、めぐりを助ける入浴剤を使うのもオススメです。

この時期に不調を感じたら、体が邪の影響を受けているサイン。日頃の養生で体の内から外からうるおいを補い、もうすぐやってくる厳しい冬に備えて、免疫力アップに努めましょう。

監修:再春館製薬所 漢方事業部 古川美礼

大学院薬学部を修了後、再春館製薬所に入社。薬剤師。医学・薬学の知識を活かし、お客様対応を行う社員に医学・薬学、そして漢方研修を実施し人材育成を担っている。また、日々お客様の症例相談、服薬指導も行う。再春館製薬所監修『おうち漢方(新星出版)』の監修を担当し、「漢方は敷居が高そう」と思いがちな若い女性特有の冷え・月経痛・便秘・肥満などの不調や悩みに効く漢方として、漢方の考え方をもとにしたアドバイスを提案。

ドモホルンリンクル公式