太いラインはNG? 大人の女性のための、きれいなアイラインの描き方

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

太いラインはNG? 大人の女性のための、きれいなアイラインの描き方

アイラインは目を大きくはっきりと見せてくれますが、慣れていないとなかなか難しいメイクでもありますよね。太いラインだと派手になりすぎたり、かといって細くさりげなく入れたつもりが目立たなかったり…。

そこで大人の女性がきれいにアイラインを描くコツや現在のトレンドなどを、ヘア&メイクアップアーティストの新見千晶さんにお聞きしました。

ポイントは幅と色! アイラインの基本的な描き方

アイラインの失敗で一番多いのはラインがブレてしまうこと。きれいに描くためのコツはあるのでしょうか。

「アイライナーを持つ腕の肘を、もう片方の手でやさしく押さえながら引くと、安定感が出てブレにくくなります。アイラインは目頭から目尻まで引きますが、目尻側はさらに2ミリほどオーバーさせて描くときれいに見えますよ。また、現在のトレンドは、目尻から先を下げて描く『たれ目ライン』。ただし、やりすぎるとフェイスラインが下がった印象になってしまうので、顔全体を引き締まった印象にしたいのなら、たれ目ラインよりも少しだけ目尻を上げて描く『猫目ライン』のほうがオススメです」

また、目頭から目尻まで一気に描いてしまうと、途中でラインがブレやすくなるそうです。新見さんによると「アイラインは目頭からまぶたの中央、目尻からまぶたの中央の2方向に分けて描くときれいな仕上がりに」なるのだとか。

さらに気を付けたいのが、「ラインの幅と色」だと言います。

「アイラインは二重の幅を活かしたラインの引き方がポイント。強調したいからとアイラインを太く描くと、かえって目が小さく見えてしまいます。特に黒のアイライナーは色の主張が強いので、太く描きすぎないようにしましょう。ナチュラルメイクであれば、色はブラウンがおすすめ。黒を使用する時には、まつ毛の隙間を埋める程度の細さでラインを描くか、黒目の上の部分だけに使用するといいですよ」

押さえておきたい! まぶたで変わるアイラインの引き方

新見さんによると、一重・奥二重・二重とまぶたの形によっても、アイラインの引き方にコツがあるそうです。

一重

161122_urehada_eye_01

「一重さんはまぶたに厚みがあるので、アイラインは太めに描くことがポイントです。ペンシルタイプのアイライナーはぶれにくく、ラインをしっかり描けるのでおすすめ。目を開いた時にラインが見える程度まで太めに描きましょう。黒だとアイラインがはっきりしすぎてしまい、かえって目が小さく見えてしまうので、ブラウンなどの優しい色を使ってください」

奥二重

161122_urehada_eye_02

「奥二重さんのまぶたは、目頭から中央までは二重の幅が狭く、中央から目尻へ向かって幅が広がっています。二重の幅を活かしたいので、目頭から中央までは幅を潰さないように、まつげとまつげの隙間を埋める程度に、ごく細めにラインをひきましょう。中央から目尻にかけて、二重の幅に沿ってだんだん太くすると、目元が強調されてはっきりとした印象になります。リキッドタイプのアイライナーは、細いラインをきれいに描きやすいので、オススメです」

二重

161122_urehada_eye_03

「二重さんもともと目元がはっきりしていますから、くっきりと濃いラインを引くと、さらに目元が強調されてしまい、きつい印象を持たれたり、主流のナチュラルメイクから遠ざかったりしてしまいます。奥二重さんと同様に二重の幅は活かすことがマストですが、ラインが強調されすぎないように、ブラウンのアイライナーを使うのがオススメ。また、二重さんと一口に言っても、幅の広さにはかなり個人差があります。特に、二重の幅が狭いタイプの二重さんは、幅を消さないよう、まつげとまつげの間を埋めるくらいの細さで描きましょう」

流行も取り入れたい! 今年のトレンドは?

アイラインに慣れてきたら、流行も取り入れてみたいもの。今年はどんなアイラインがトレンドなのでしょうか。

「最近は黒やブラウン以外のカラーを使ったアイラインがトレンドになってきています。そこに、ピンクやグリーンのラインを目尻に少し加えると、変化がでます。ピンクやグリーンは日本人の肌にきれいになじむので、試しやすいと思います」

161122_urehada_eye_04

「また、今年はネイビーやボルドーのアイラインが流行しています。オフィスメイクでは取り入れにくいという人も、パーティなどお出かけの時にぜひ取り入れてみてください。ただしアイシャドウとのバランスも大切。特に今年は赤茶やボルドー系のアイシャドウで、ツヤ感のある目元を演出するのが流行しています。このタイプのアイシャドウは、それだけで目元にインパクトが出るので、アイラインはあまり強調せず、細めに描くことが鉄則です」

アイラインはバランスが命! ファッションに合わせるなど、上手にカラーアイライナーを使えばトレンド感も出て、いっそうメイクを楽しめるはず。いろいろ試して自分に似合う色やラインを探してみましょう。

取材協力:ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん

独自のメイクメソッドをわかりやすく実践しやすく解説した著書が人気で、TV出演や雑誌・Webでのコラム執筆など幅広く活躍中。近著に『一重&奥二重さんの激変メイクブック』(KADOKAWA)等がある。最近では、PLAZAオリジナルブランド「in private(インプライベート)」とコラボレーションし、コスメポーチシリーズを発売したほか、9月29日には新著『ミーハー美容』(主婦の友社)が発売に。

公式サイト

この記事に関するカテゴリ