サロン美容師がお悩み解決!「パサつき」「ボリューム」「白髪」のヘアケア方法

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

サロン美容師がお悩み解決!「パサつき」「ボリューム」「白髪」のヘアケア方法

年齢を重ねるごとに、肌とともに気になってくるのが髪の毛&ヘアスタイル。毎日ケアしていても、悩みは増えるものです。

そこで今回は、とくに多いという「髪のパさつき」「ボリュームダウン」「白髪」の3つの悩みに着目! 自分でできる対処法を、代官山のヘアサロン LUCK HAIRのスタイリストであり、サロンマネージャー・ディレクターの鬼頭マモルさんに聞きました。

パサつき防止には、洗い流さないトリートメントでキューティクルケアを!

髪のパサつきを防ぐには、洗髪後すぐの対応が大切だそう。

「髪の毛が傷んでいたりパサついていたりすると、イキイキとした魅力も半減してしまいます。肌同様に、丁寧なヘアケアを毎日心がけてください。とくに洗髪の後からドライヤーまでが鍵となります。オススメは、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントやオイルを、洗髪後に使うこと。ドライヤーの熱から髪の毛を守るほか、表面のキューティクルを整えてくれるので、使っているうちにハリやコシが出て手触りが変わってきます」

そのためにも、洗髪後にタオルを巻きっぱなしにしたり、自然乾燥させたりするのはもってのほかだそう。

「濡れたままの髪の毛はキューティクルが剥がれやすい状態なので、乾かさないままでいると摩擦などで知らず知らずのうちに剥がれて傷んでいきます。さらに、髪が濡れたままでいると頭皮が冷えて血行不良になり、フケやかゆみが起こりがち。その負担は髪の毛にも悪影響を与えます。極力、髪の毛が濡れている時間は少なくしましょう」

 加齢によるボリュームダウン対策には、分け目の変更&まとめ髪のひと工夫を!

加齢によって、髪の毛自体が細くなって分け目が目立ったり、毛量が少なくなることでボリュームが減ってぺたんこになったり…。そんな悩みに効果的なヘアスタイルを鬼頭さんに教えてもらいました。ポイントは、分け目を普段と変えることと、束ねたときにトップに厚みを出すことだそう!

分け目を変えるだけでできる、ボリュームアップテク

普段とは分け目を変えることで、今まで癖になっている毛流れに逆らうため、ボリュームを出すことができるそうです。

【Before】

ph01

【After 1】

ph02

「1つ目は、普段の分け目とは逆に分け目を作ること。通常の毛流れに逆らうため、ふわっとしたボリュームが自然と生まれます」

【After 2】

ph03

「2つ目は、分け目をジグザグに取る方法。立体感が生まれるので、いつもよりボリュームアップして見えます」

若々しい印象を作る、後頭部ボリュームアップの束ねヘア

「束ねる際、前後左右ぴったりと結ぶ方も多いと思いますが、それでは生え際が目立ち、髪の毛の毛量も少なく貧弱に見えることがあります」と鬼頭さん。

ph04

「ボリュームアップには、このように後頭部にボリュームを持たせた結び方がオススメです。自然なふくらみが女性らしい印象を与え、こなれた感じがしてオシャレ度も上がります」

ph05

「髪をぴったりと束ねてゴムで結んだ後、後頭部の髪の毛を親指と人差し指でつまみ、引っ張り出していきます。少量ずつを、何回にも分けて引っ張ることがカギです」

 まとめる前、ボリュームアップのベース作りを

「2種類の三つ編みをして、クセをつけておくのもボリュームアップに有効です。ざっくりとしたゆるめの三つ編みと、根元から細かく編んだ三つ編みとの2種類をランダムに編んで、ウェーブをつけます。髪にふわりとしたウェーブの癖をつけることで、もとの毛量よりボリュームアップして見えます。寝る前にやっておけば、朝にはしっかりと癖がつくのでオススメですよ」

 ヘアアクセサリーを活用して、相乗効果のボリュームアップを期待

「後頭部ボリュームアップの束ね方にもうひと手間、ヘアアクセサリーを活用するのもオススメです。ヘアバンドやカチューシャを加えれば、正面から見たときにボリュームが増した印象を与えられ、顔周りも華やかな印象になります。バレッタや飾りピンを正面から見える位置につけても、ヘアスタイル全体のボリュームアップに。ただし、両側につけるとうるさくなるので、片側だけにつけるのが大人の女性にはぴったりです」

 老け感にさようなら! 白髪を目立たなくするヘアマニキュアの入れ方

加齢による一番の悩みといえば、白髪! 鬼頭さんによると「白髪が生えやすいといわれるのが、おでこ周りや耳のあたりなどの生え際」だそう。

「生え際の白髪を隠すには、前髪を作ることが有効です。前髪のデザインは眉ライン、斜めバング、ストレートバング、ラウンドバングなど、バリエーションが無限。自分に似合う長さと幅を見つけられれば、生え際の白髪を隠しながらオシャレも楽しめて一石二鳥です」

とはいえ、生え際だけでなく、全体的に白髪が出ている場合はどうすればよいでしょうか?

「ヘア全体にこまごまと生えてきている場合は、白髪を地毛よりも明るい色のヘアマニキュアで染めるのも手です。ヘアマニキュアは黒い部分にはつかず、白い部分にだけ色がつきます。白髪を地毛よりも明るい色味で染めると、あたかもハイライトカラーを入れたように仕上がり、自然な陰影から立体感が生まれるので軽やかに見えます」

ヘアマニキュアは髪にやさしいのも利点だそう!

「ヘアマニキュアは、髪の色素を分解して脱色するヘアカラーとは違い、染料が髪の毛に浸透して色がつくのでダメージを最小限にしながら染めることができます。似合うカラーを見つけるのには、サロンスタッフにぜひ相談してください」

ph07

健康な髪の毛になれば、自分好みのヘアスタイルも叶いやすく、自信をもって毎日を送れそうです。その自信はお肌にも輝きを与えてくれるはず! 今日からさっそくチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

取材協力:LUCK HAIR スタイリスト、サロンマネージャー・ディレクター 鬼頭マモルさん

長いキャリアから得た経験とカウンセリングを重視することで、パーソナルな要望と幅広いヘアスタイルを実現する。髪質、骨格、再現性、コンプレックスなど、さまざまな悩みを最善に導く技術には女性をはじめ、男性にも定評がある。サロンワークと並行してヘアメイクなど、メディアなどでも活動。

公式サイト