トレンドヘアで、いつもよりちょっとだけ「おしゃれ」に変身 ~クラシックな大人のまとめ髪スタイル編~

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

トレンドヘアで、いつもよりちょっとだけ「おしゃれ」に変身 ~クラシックな大人のまとめ髪スタイル編~

春夏に比べて、髪の色やメイク、服のトーンも落ち着く秋冬。ヘアスタイルも大人のシックな雰囲気に変えたいですよね。今回は、ヘアメイクアップアーティストの清遠(きよとう)鮎美さんに、お手軽でトレンドも押さえた「クラッシックな大人のまとめ髪スタイル」を教えてもらいました。

今シーズンのトレンドは、きっちりとしたまとめ髪!

「秋冬のコレクションでは、束ねた髪をサイドや後頭部でまとめた『シニヨン』と、『三つ編み』がトレンドとなっていました。どちらのアレンジも簡単にできるので、取り入れやすいのがうれしいですね」

いつもよりレディライクに…大人のおだんごスタイル

ここからご紹介するヘアアレンジは、トレンドの『シニヨン』と『三つ編み』を、どちらも取り入れた大人のまとめ髪スタイルです。

「2つのトレンドを取り入れていますが、プロセスはとっても簡単。『いつもよりレディライクなおしゃれを楽しみたい』『上品で落ち着いた雰囲気になりたい』という方にぴったりですよ」

POINT

「アレンジの前に、髪にワックスなどをつけておくとアレンジしやすいのでオススメです。直毛の方はホットカーラーやアイロンで巻くと、大人っぽい上品なイメージに仕上がります」

WAC_1085_R

1:髪を3つにブロッキングする
まず、こめかみから頭頂部のすぐ後ろあたりまでの髪を取り、ピンで仮留めする。そのほかの髪は左右に分ける。

WAC_1100_R

2:三つ編みを3本作る
ブロッキングした髪をそれぞれ三つ編みにしてゴムで縛る。中央の毛束は少しきつめに編み、両サイドの毛束はゆるめに編むのがポイント。

WAC_1105_R

3:中央の三つ編みを丸めてピンで留める
中央の三つ編みを根元からねじり、中央で丸める。崩れないようにきつく丸めたら、3カ所ほどピンでしっかりと固定する。

WAC_1117_R

4:右サイドの三つ編みを巻きつける
中央にまとめた三つ編みのおだんごに、右サイドの三つ編みをくるくると巻きつける。崩れないように2~3カ所ピンで固定する。

WAC_1129_R

5:左サイドの三つ編みも巻きつける
同様に、左サイドの三つ編みも中央のおだんごに巻きつけて、ピンで2~3カ所固定したら完成。ステップ(4)とは逆向きに巻きつけるのがコツ。

【After】

WAC_1131_R

WAC_1135_R

WAC_1138_R

「おくれ毛が出ているときは、ピンできれいに留めましょう。仕上げにキープ力のあるヘアスプレーをすると、長時間崩れにくくなりますよ」

クラシックなおだんごスタイルに合うトレンドメイクもチェック!

レディライクなスタイルの完成度をより高めるための、ワンポイントメイクも教えてもらいました。

WAC_1157_R

「クラシックなおだんごヘアに合わせてほしいのが『ボルドー系のリップ』です。指にリップを取って、唇の中央に乗せたら、外側にポンポンと広げてください。色っぽい口元がヘアスタイルにマッチしますよ」

三つ編みをおだんごにするだけなので、まとめ髪が苦手な人でも簡単! 秋冬らしいクラッシックなヘアスタイルとメイクで、“おしゃれ上級者”の仲間入りをしてみてはいかがでしょうか?

取材協力:ヘアメイクアップアーティスト 清遠鮎美さん

京都理容美容専修学校卒業後、ヘアサロンにて美容師として基礎を学ぶ。その後、テレビ局内のヘアメイクとして報道からバラエティの分野まで、多くのタレントのヘアメイクを担当。現在は、ファッション誌やグラビアを中心に活躍中。