トレンドヘアで、いつもよりちょっとだけ「おしゃれ」に変身 ~ふわゆるアップスタイル編~

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

トレンドヘアで、いつもよりちょっとだけ「おしゃれ」に変身 ~ふわゆるアップスタイル編~

寒い時期でも楽しみたいアップスタイル。でも、アレンジによっては“元気でハツラツとした夏スタイル”に見えてしまうことも…。どうすれば、秋冬らしいアップスタイルに仕上がるのでしょうか? 前回に引き続き、ヘアメイクアップアーティストの清遠(きよとう)鮎美さんに、秋冬にオススメのアップスタイルの作り方を教えてもらいました。

秋冬のアップスタイルは“重め”を意識して!

「一つに結んですっきりと見せるアップスタイルは、首回りが涼しげな印象を与えてしまうので、秋冬には向いていません。この時期にオススメしたいのは、ハーフアップでもポニーテールでもない“中間のアップスタイル”。襟足の髪の毛を多く残すことで、軽やかというよりもあえて重たい印象をプラスし、落ち着いたイメージに仕上げます」

“くるりんぱ”でつくるガーリーな印象の、ふわゆる重めアップスタイル

ここでご紹介するアレンジは、お手軽な“くるりんぱ”の合わせ技でつくる、落ち着いた印象のアップスタイルです。

「きっちりまとめすぎず、“ふわゆる”に仕上げるのがポイントです。とても簡単に作れるのに、ヘアアレンジ上級者に見せてくれる、便利なアレンジ術ですよ」

POINT

「髪を巻くときは、髪が傷まないようにスタイリング剤を必ず使用しましょう。熱から髪を守ってくれるタイプを使うとダメージが少なく、仕上がりもツヤやかにまとまります」

WAC_1219_R

1:髪全体をランダムに巻く
適量の毛束を取り、毛束の中心から毛先にかけて、ホットアイロンで巻いていく。内巻き、外巻きとランダムに巻くと、髪全体に動きが出る。

WAC_1227_R

2:頭頂部の毛束をねじってピンで留める
頭頂部の毛束を軽く取り、ねじってピンで留める。毛束が多いときは、2~3カ所ピンで固定すると崩れにくくなって◎。

WAC_1236_R

3:両耳の上の毛を縛って“くるりんぱ”
両耳の上の毛束を中央に集め、ステップ(2)でまとめた髪の上からゴムで縛る。縛ったら、内側に“くるりんぱ”する。

WAC_1246_R

4:両耳の後ろと襟足の毛を縛り、“くるりんぱ”
両耳の後ろと襟足の毛束を中央に集め、ステップ(2)と(3)の上からゴムで縛り、内側に“くるりんぱ”する。

WAC_1248_R

5:毛束を無造作に引き出す
“ふわゆる感”を出すために頭頂部とサイド、バックの毛束をランダムに引き出す。全体的に引き出すことで、頭頂部と頭の後ろにボリューム感が出る。

【After】

WAC_1269_R

WAC_1263_R

WAC_1266_R

「まとめた髪から無造作に毛束を引き出すことで、上品ながらも遊び心のあるスタイルになります。髪を巻いているので、女性らしくてやわらかい、ほっこりとした雰囲気も演出できますよ」

ふわゆる重めアップスタイルに合うトレンドメイクもチェック!

ヘアアレンジの完成度をさらに高めるためのワンポイントメイクも教えてもらいました。

WAC_1251_R

「上品なふわゆるスタイルには、コーラル系のピンクチークがよく合います。温かみのあるチークを頬全体にふんわりと広げれば、秋冬のアップスタイルにぴったりなガーリーな表情になります」

ダブル“くるりんぱ”で、“こなれ感”と“ニュアンス”をプラスした簡単アレンジ。今までのアップスタイルとはひと味違う、秋冬の大人アレンジを楽しみたい方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

取材協力:ヘアメイクアップアーティスト 清遠鮎美さん

京都理容美容専修学校卒業後、ヘアサロンにて美容師として基礎を学ぶ。その後、テレビ局内のヘアメイクとして報道からバラエティの分野まで、多くのタレントのヘアメイクを担当。現在は、ファッション誌やグラビアを中心に活躍中。