エラの張りが気になることも…ベース顔さんのためのOK&NGメイクテク

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

エラの張りが気になることも…ベース顔さんのためのOK&NGメイクテク

メイクしやすい理想的な顔は、バランスのよい卵型。とはいえ、生まれ持った骨格を変えるわけにはいかず、自分の顔型に合うメイクがいつまでもわからない…なんてことも。

メイク&ヘアアップアーティストの新見千晶さんによると「輪郭を整えるポイントは、シェーディングとハイライトによる“陰影を使った立体メイク”」だそう! 今回は、エラの張りが気になるベース顔さんの輪郭コンプレックスを解消するメイク方法を解説します。

ベース顔さんのNGメイクとOKメイク

ベース顔さんが避けたほうがよいメイクとは、どんなものでしょうか?

「ベース顔さんは、顎先が短くて平べったく、頬骨が張って見えるのが特徴です。また、他の顔型よりも、エラから顎にかけての角度が緩やかなので、顔のパーツの重心が下がって顔が大きく見えがち。それらの特徴を強調するような短い平行な眉や、顔の中心寄りに入れたチーク、横長のハイライトなどはNG。顔の余白部分が目立ってしまいます」

理想の卵顔に近づくメイクのポイントを教えてください。

「ベース顔さんはエラの張り以外にも、顔の縦幅が短いという特徴があります。角ばった部分はシェーディングで隠して、顔の縦幅をハイライトで強調することがポイントです」

いざ実践! ベース顔さんのコンプレックス解消メイク方法

具体的なメイク方法をパーツ別に教えてもらいました!

眉メイク

1612_urehada_kao_01_01

「角ばった顔立ちの印象を和らげるために、眉はなだらかなアーチ眉に。目尻より少し長めに引くことで、バランスのよい卵顔に近づきます」

チーク

1612_urehada_kao_01_02

「チークは頬骨の下あたりに、斜めの楕円形を描くように入れます。ベース顔さんは頬のスペースが広いので、チークも頬に合わせてやや広めに入れることがポイントです」

シェーディング

シェーディングとは、顔に立体感を出すためのアイテム!

「隠したい部分にシェーディングを入れて、強調したい部分にハイライトと入れると、陰影により立体感が出ます。初心者は、ブラシで少しずつのせながら調整できるパウダータイプがオススメ。色は自分の肌よりも1~2トーン暗いものを選びましょう。パウダーをブラシへのせたら、手の甲で余分な粉を落としてから、力を入れずにブラシでなでるように色をのせるのがコツです」

1612_urehada_kao_01_03

「ベース顔さんは顔に丸みが出るよう、額と顎に陰影をつけるため、シェーディングを入れます。上部は、額の中央から耳のあたりまで、髪の生え際に沿うように。下部は、耳の下の顎、エラの角ばった部分に入れましょう。ただしシェーディングのみだと、陰影の“影”部分だけ強調されてしまい、悪目立ちしてバランスが悪くなります。シェーディングを入れるなら、チークとハイライトは必ずセットで入れましょう」

また、ベース顔さんは「角ばった印象を消すこと」がポイント。また顎のエラ部分を隠すことで、下がって見えがちだった顔の重心を上げられるのでリフトアップ効果があるそうです!

ハイライト

1612_urehada_kao_01_04

「ハイライトは眉間、目頭の下、顎の3カ所に入れます。縦を強調したいので、特に目頭下のハイライトは小鼻のあたりまで、細く長い逆三角形を描くように入れましょう。横に長く入れてしまうと、顔が大きく四角が目立ってしまいますので注意してください」

輪郭の悩みは誰しも持っているもの。今までのメイクは、もしかしたらコンプレックスを強調していたかもしれません。もう一度、自分のメイクを見直してみてはいかがでしょうか。

取材協力:ヘア&メイクアップアーティスト 新見千晶さん

独自のメイクメソッドをわかりやすく実践しやすく解説した著書が人気で、TV出演や雑誌・Webでのコラム執筆など幅広く活躍中。近著に『一重&奥二重さんの激変メイクブック』(KADOKAWA)等がある。最近では、PLAZAオリジナルブランド「in private(インプライベート)」とコラボレーションし、コスメポーチシリーズを発売したほか、9月29日には新著『ミーハー美容』(主婦の友社)が発売に。

公式サイト

この記事に関するカテゴリ