冬もニキビはできるの?乾燥が原因でできる大人ニキビの対処方法!

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

冬もニキビはできるの?乾燥が原因でできる大人ニキビの対処方法!

冬は厳しい寒さと乾燥にさらされ、カサつきやゴワつきといった肌トラブルが多くなる時季。

肌がかさつく」「肌荒れが気になる」などのお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

冬の乾燥した空気が肌のバリア機能を低下させるためは肌トラブルの原因となるのです。

実は冬にできる肌トラブルの1つにニキビがあります。

そこで当記事では、冬にできるニキビの原因や対処法について詳しくご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

冬の寒さと乾燥…肌にどんな影響があるの?

冬 ニキビ 乾燥 冬は温度が低いだけでなく、湿度も低い季節です。

乾燥した空気が肌の水分を奪うため肌がかさつき、乾燥しがちに。

また、寒さで体が冷えると血管が収縮して血流が悪くなります。

すると、体の隅々まで栄養分が行き渡らず、肌細胞の体力が低下して潤いを保つ力も弱まり、バリア機能の低下も招きます。

乾燥は美肌の大敵! 

乾燥は肌カサついたり化粧ノリが悪くなったりするのはもちろん、キメの乱れやくすみ、ゴワつきや肌荒れなどのお悩みの引き金にも…。

また、乾燥は肌が本来持っているバリア機能の低下を招くため、刺激に敏感になり、さらに多くの肌トラブルを引き起こす原因になってしまうのです。

肌の乾燥がニキビの原因に!?

冬 ニキビ 乾燥

肌の乾燥は、ニキビができる原因にもなります。

20代以降の大人になってから発生する「大人ニキビ」は乾燥が1つの要因となります。

乾燥は肌そのもの力を低下させるため、古い角質が自然と剥がれ落ちずに積み重なってしまいます。

積み重なった角層は毛穴を塞ぐので、毛穴に皮脂が詰まりニキビが発生するのです。

では、肌のバリア機能を維持するにはどうすれば良いのでしょうか。

ニキビケアのポイントは「保湿」で肌を乾燥から守ること!

冬 ニキビ 保湿

ニキビケアというと、皮脂をとることや毛穴ケアを思い浮かべるかもしれませんが、乾燥によるニキビには逆効果になってしまうことも。

乾燥が原因のニキビには、肌に潤いを与える保湿が何よりも大切です。

それでは以下のポイントを意識してニキビができづらい肌を目指しましょう。

スキンケアはぬるま湯が基本!

冬 ニキビケア ぬるま湯

帰宅後やお風呂の後などに洗顔やクレンジングを使う際はお湯の温度に気をつけてください。

寒いとつい熱いお湯を使いたくなりますが、それは絶対にNGです

肌に必要な油分・水分まで洗い流してしまい、乾燥の原因になります。

体温よりやや低い32〜35度くらいのぬるま湯がベストです。

目安は、手で触ったときに“温かいと感じない”くらいの温度です。

もしも洗顔後に肌がつっぱるようなら、洗顔料を見直したほうがいいでしょう。

洗顔後は保湿力とバリア機能の高い化粧品でお手入れをしてくださいね

水分補給だけじゃダメ! 保湿は“肌が吸いつくまで”

冬 ニキビケア 保湿

乾燥した肌は水分が浸透しにくいので、数回に分けて少量ずつなじませていくと良いです

水分を含んでキメが整った肌はふっくらと柔らかくなり、手のひらで押さえるとしっとりと吸いつくような感触があるので、それを目安にお手入れをしましょう

化粧品が浸透しきっていない状態など、肌の表面にある水分を長時間放置すると、その水分が蒸発するときに肌の潤いを奪って余計に乾燥します。

水気がなくなるまで、手早く丁寧に化粧水をなじませてくださいね。

化粧水で肌にたっぷり水分を与えたら、その水分を逃がさないように乳液やクリームなど、油分が入っているアイテムを使ってしっかりフタをしましょう。

ニキビも徐々に目立たなくなるはずです。

まとめ

冬 ニキビ 女性

冬のニキビは乾燥が原因となることがお分かりいだだけたかと思います。

もし乾燥が原因のニキビができてしまったら、保湿などのスキンケアをやさしく行ってください。

また保湿に用いる化粧品は、保湿効果が高く自分の肌に合ったものを使いましょう。

セラミドが配合されたものや油分を含むものは保湿効果が高いですよ。

どの化粧品を選べば良いか分からないという方にはドモホルンリンクルがオススメです。

ドモホルンリンクルには肌を保護する天然セラミドが配合されています。

さらに、洗い流すものから肌につけるものまで、肌に充分うるおいが満ちるよう1点1点設計された化粧品です。

まずはこの機会にドモホルンリンクルの無料お試しセットを試してみてください。

こちらの記事も読まれています

監修:再春館製薬所 研究開発 西村高子

2006年、再春館製薬所に入社。化粧品の効果評価試験、スキンケア研究に7年間従事した後、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発の担当へ。お客様と同年代であり、二児の娘の母である視点と価値観を重視し、生涯ずっと安心して使い続けられる、効果実感の高い商品開発を目指し日々研究を重ねている。

ドモホルンリンクル公式