インナードライってどんな肌?急な肌のベタつきは乾燥が原因!?

著者プロフィール画像

ウレハダ編集部

インナードライってどんな肌?急な肌のベタつきは乾燥が原因!?

なんだか急に肌がベタついてきた…それはインナードライのサインかもしれません。

ケアを間違えると、悪化してしまうことも!

当記事ではインナードライの原因や対策についてお伝えいたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

インナードライって何?インナードライのメカニズムを解説!

インナードライ

インナードライとは、肌表面はテカったり脂っぽかったりするのに、実は内部が乾燥している肌のことです

もともと普通肌なのに脂っぽさが気になってきたときは、実は肌内部の乾燥が原因かもしれません。

インナードライは冬よりも夏のほうが気づきにくいので、暑いこの時期に肌のベタつきを感じるようなら、インナードライを疑ってみましょう。

では、インナードライの肌なぜきるのでしょうか? 

原因は、ずばり水分不足です。

インナードライ出典:大人のスキンケア教室

肌表面にあるのは、水分を豊富に含んだセラミド成分やヒアルロン酸がミルフィーユ状に重なった角層と、その表面にある油分でできた皮脂膜です。

この2層が外部の刺激から肌を守るバリアの役割をしています。

日常的な肌へのダメージや刺激などが原因で角層がきちんと水分を保てなくなって水分不足に陥ると、バリア機能が弱くなってしまうので、肌は水分がこれ以上逃げないように、過剰に皮脂を分泌し始めます。

ここでベタつきを気にして油分を取り除くことに躍起になったり、油分を補う乳液やクリームを使わず化粧水だけでスキンケアを続けたりすると、水分不足の肌からさらにうるおいが外へと逃げていき、代わりに皮脂がどんどん分泌される…という悪循環に陥るのです。

インナードライのメカニズムをお伝えしたところで、インナードライを改善する方法について、体の外側と内側の2つの観点からお伝えします。

インナードライを体の外側から改善!丁寧なスキンケアが大事!

インナードライ

インナードライを体の外側から改善するための方法は、丁寧なスキンケアを行うことです。

スキンケアにおけるインナードライ対策では、十分な保湿が最も重要です。

すでにご説明した通り、過剰な皮脂は水分不足を補おうとして分泌されるので、水分と油分のバランスを整えることを意識しましょう、

ベタつきを感じて油分のある乳液などを控えてしまう方も少なくありませんが、これは大きな間違いです

化粧水だけではせっかく取り込んだ水分が蒸発してしまい、内部に留めておくことができないため効果は期待できません。

ベタついたりテカったりすると、どうしても油分を取り除くことばかりに目が行きがちですが、大切なのは水分をしっかりと与え、逃がさないスキンケアです。

ヒアルロン酸の入った化粧水を使った後に、セラミドや油分を含んだ乳液などで必ずフタをしましょう。

また、肌の状態が改善されたからといって、このようなケアを応急処置と考えて化粧水だけのスキンケアに戻してしまうと、インナードライ再発の可能性が高まります。

肌の内側の水分を逃がさないように、化粧水後の乳液は必ずつけましょう。

どうしてもベタつきが気になるときは、肌の調子を見ながら量を調整してみてくださいね。

インナードライを体の内側から改善!

インナードライ 改善

今度はインナードライを体の内側から改善する方法をお伝えします。

インナードライを体の内側から改善するには、角層と皮脂膜のバリア機能を元に戻さなければなりません。

そのためには、食事から栄養素をバランスよく摂ることが大切。

ジャンクフードなどの偏った食生活になっていたら、すぐに栄養バランスの取れた食事へ切り替えましょう。

厚生労働省の食事バランスガイドを参考に主食、副菜、主菜・牛乳・乳製品、果物の摂取バランスを心がけると自然と栄養バランスの取れた食事を取ることができますよ。

インナードライ 食事出典:厚生労働省 食事バランスガイド(基本編)

日々のお手入れとともに体内からのケアも心がけて、外側と内側からインナードライを解決していきましょう。

インナードライを予防するには日頃の生活習慣が大事!

上記では、インナードライを改善する方法についてお伝えしましたが、大切なことはインナードライがおきる前から、しっかりと予防を行うことです。

インナードライを予防するには、肌に優しい生活習慣が欠かせません。

以下の4つのポイントに気をつける必要があります。

1.紫外線ダメージを防ぐ

インナードライ 紫外線

インナードライを予防するためには、日頃から紫外線対策をしっかりと行うことが重要です。

紫外線のダメージは、肌の潤いやハリを作り出す細胞を破壊してしまうので、肌が乾燥する原因となるからです。

日焼け止めや日傘、帽子などを使って、できるだけ紫外線ダメージを和らげる努力をしましょう。

2.正しいスキンケアを行う

インナードライ スキンケア

スキンケアはインナードライに限らず多くの肌トラブルを防ぐ上での土台になります。

肌の皮脂の落としすぎや、肌に過度な刺激を与えるなどの間違ったスキンケアは、インナードライを引きおこす原因となることもあります。

スキンケアを行う際は、以下のチェックポイントに気をつけましょう。

◻︎あぶらとり紙などで皮脂を落とし過ぎない

 

◻︎適度な洗浄力の洗顔料を使う

 

◻︎クレンジングと洗顔は水かぬるま湯で行う

 

◻︎洗顔やお風呂の後はできるだけ早く保湿する

 

◻︎化粧水や乳液は肌にしっかりと染み込ませる

上記はスキンケアの基本となるため、全て実践することが望ましいです。  

正しいスキンケアでインナードライがおこりづらい肌を目指しましょう。

3.ストレスを溜めない

インナードライ ストレス

インナードライの予防には、ストレスフリーな生活を送ることも大切です。

肌の乾燥とストレスには、実は関係があります。

ストレスを感じると、「コルチゾール」というストレスホルモンが体内で増加します。

コルチゾールは、皮脂の分泌を促すので、インナードライの一因となることもあります。

日頃から運動をする、シャワーではなくお風呂に浸かる、睡眠時間をしっかりと確保するなど、日頃からストレスを発散する工夫をしましょう。

4.エアコンによる乾燥に気をつける

インナードライ 乾燥

夏や冬などエアコンを頻繁に利用する季節は、エアコンの風にも気をつけましょう。

エアコンの風に当たると、自分でも気がつかない間に肌が乾燥してしまうなんてことも。

日常生活に潜む乾燥の原因から肌を守ってあげるには、やはりスキンケアによる「保湿」が大切です。

まとめ

インナードライの原因や改善方法、そして予防方法についてお伝えしました。

インナードライの改善・予防をする上で、共通して大切なのは、肌の乾燥を防ぎ潤いを保つためのスキンケアです。

今回お伝えしたスキンケアの方法を実践して、しっかりと保湿を行ってください。

さらに肌に潤いを与えるという点では、自分の肌に合った化粧品を利用する事も大事です。

自分の肌に合わない化粧品は乾燥や肌荒れの原因となります。

「どんな化粧品が自分に合っているか分からない」という方は、ドモホルンリンクル8点の無料お試しセットをぜひお使いください。

ドモホルンリンクルは、肌に潤いを与えるだけでなく、肌そのものの潤う力を活かします。

まずは無料体験で3日間、気軽に始めてみましょう。

こちらの記事も読まれています

 

監修:再春館製薬所 研究開発 伊藤安矢

大学院修了後、再春館製薬所に入社。基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映してきた。

ドモホルンリンクル公式